ギター入門講座

チューニングの仕方

チューニングの手順

  1. ギターとチューナーをつなぐ
  2. 弦を鳴らし、チューナーを見ながら音の高さを合わせる(ペグを回す)
  3. チューニングが安定するまで何度か繰り返す
画像 チューニングの仕方

メーターが真ん中に来るように、ペグを緩めたり絞めたりします。

♭なら音が低いので、ペグを絞めて弦の音を高くします。

#なら音が高いので、ペグを緩めて弦の音を低くします。

 



ギターのチューニング

どの弦をチューニングするか確認して、それぞれの弦の音に合わせましょう。 

基本的なチューニングの音程は以下のようになります。この音程にチューニングすることをレギュラー・チューニングと呼びます。

 

1弦 E

2弦 B

3弦 G

4弦 D

5弦 A

6弦 E

同音異弦を利用したチューニング

ギターのチューニング

フレットを押さえたときの音と開放弦の音が一緒に鳴ることを利用したチューニングの方法です。音叉などで5弦の音をあわせた後この方法を使ってチューニングすることができます。

 

6弦5フレット=5弦開放弦

5弦5フレット=4弦開放弦

4弦5フレット=3弦開放弦

3弦4フレット=2弦開放弦 ※3弦と2弦の組み合わせでは4フレットを押さえます。

2弦5フレット=1弦開放弦

 


ギター入門講座 目次