ギター入門講座

バレーコードのまとめ

バレーコードはローコードのコードフォームを平行移動したものだと考えることができます。バレーコードのコードフォームの基本となるローコードを基準として<型>として分類してみます。FメジャーコードならEメジャーのローコードをもとにしているので<E型>といったように表していきます。

6弦ルートのメジャー&マイナーコード<E型・Em型>


メジャーとマイナーのコードの違いは、中指で押さえるか押さえないかになっています。これはメジャーとマイナーを決定する(区別する)3度音程(長3度と短3度)の違いによるものです。<E型>・<Em型>のコードフォームは6弦にルートがあるので6弦ルートのコードフォームになります。 

5弦ルートのメジャー&マイナーコード<A型・Am型>


6弦ルートのコードと同じく3度の違いでフォームが変化しています。 

 

※コードの構成音を知っていると、なぜコードのフォームが違うのか分かるようになります。興味のある方は音楽理論のコードについて学んでみてください。

5弦ルートのコード<C型>

※マイナーコードも使われることがありますが、押さえるのが難しいためここでは除外しました。


Cのローコードをもとにしているので、5弦ルート<C型>のメジャーコードになります。 

6弦ルートのコード<G型>

※C型と同じくマイナーコードは除外しています。


Gのローコードをもとにしているので、6弦ルート<G型>のメジャーコードになります。

4弦ルートのメジャー&マイナーコード<D型・Dm型>


<D型>・<Dm型>のコードは、唯一4弦にルートのあるコードフォームになります。 

バレーコード分類表


メジャーコード マイナーコード
6弦ルート <E型><G型> <Em型> 
5弦ルート <A型><C型> <Am型>
4弦ルート <D型> <Dm型>

8つのコードフォームを使って平行移動することでメジャーとマイナーのコードに対応できるようになります。特に6弦ルート<E型><Em型>と5弦ルート<A型><Am型>のコードは、ポップスやロックにおいてよく使われているコードなのでしっかり覚えておきましょう。 


ギター入門講座 目次