ギター入門講座

パワーコードを弾いてみる

Ex.1 開放弦を含むパワーコード

開放弦を含むパワーコード Ex.1

×はミュート、○は開放弦、●は押さえる場所

6弦の×は親指を使ってミュートします。


パワーコードとは2本弦を使って鳴らす力強い音のコードです。2本の弦以外が鳴らないようにミュートして弾きます。

 

※パワーコードはルートと完全5度の2つの構成音でできています。また、2本弦のパワーコードにオクターブ上のルートを足して3本弦を使った場合もパワーコードと呼ばれます。

Ex.2 平行移動で弾くパワーコード

平行移動で引くパワーコード

2本の弦を人差し指と薬指で押さえます。押さえたままで平行移動してコードチェンジしてみましょう。

 

Ex.1で弾いた開放弦を含むAのパワーコードと、6弦5フレットと5弦7フレットを押さえるパワーコードは同じ音になります。これを「異なる弦の同じ音」という意味から異弦同音(もしくは同音異弦)と呼びます。

Ex.3 弦移動を含むパワーコード

弦移動を含むパワーコード

6弦&5弦の組み合わせから、5弦&4弦の組み合わせに移動します。

押さえるコードのフォーム(指の形)を維持して移動できるようにしましょう。

Ex.4 オルタネイトピッキングで弾くパワーコード

オルタネイトピッキングで弾くパワーコード

オルタネイトピッキングを使って弾くと速いテンポで弾くことができます。始めはゆっくりとしたテンポでオルタネイトピッキングに慣れることから始めましょう。

 

※ピックを握る力加減

アップピッキングのときにピックを強く握って弾くと、弦に引っかかって弾きづらく感じると思います。ピックを持つ力を抜き、弦をなでるように弾くのがポイントです。ピックを落とさないくらいの力加減で軽く握りましょう。


ギター入門講座 目次