ギター入門講座

左手のミュート

ブラッシングとカッティング

Ex.1 ブラッシング

画像 譜面Ex.1 ブラッシング

ブラッシングとは左手の指でミュート(弦に触れた状態にして音が出ないように)してストロークすることです。ストロークにブラッシングを入れることでアクセントにしたり、リズムキープに活用したりします。

Ex.2 ブラッシングを入れたストローク(カッティング)

画像 譜面Ex.2 ブラッシングを入れたストローク(カッティング)

コードを押さえた状態から、力を抜いて弦に触れた状態にしてブラッシング音を出します。演奏の際には、弦に触れた状態を維持して、音を出すところで押さえるといった感覚がわかりやすいと思います。このように、ブラッシングを入れてストロークすることをカッティングと呼びます。

Ex.3 16分音符でのカッティング

譜面Ex.3 16分音符でのカッティング

1小節ずつ音を出す場所(アクセント)が変わっていくカッティングになっています。拍の頭をしっかりと感じながら、1拍に4音の組み合わせを弾くイメージでリズムを取るとリズムをキープして演奏することができるようになります。

 

※ブラッシングのみで16分音符のストロークする練習も、リズムよく演奏するための効果的なリズム・トレーニングになります。


ギター入門講座 目次