ギター入門講座

音の長さを知ろう

音符とは? 音の長さ(音価)と音の高さ(音高)を表す符号


休符とは? 休みの長さを表す記号 

音符と休符の長さ

画像:音符と休符の長さ

各音符の関係

画像:音符の関係

2分音符は、全音符を2分割した長さ(=全音符の半分の長さ)です。

4分音符は、全音符を4分割した長さになります。

 

各音符の名前は、全音符を基準として何分割しているかを表しています。

また、休符も同じように考える事ができます。

付点

画像:付点

音符や休符の右側につける点を付点といいます。付点は元の音符/休符の半分の長さにあたります。

付点のついた付点音符/付点休符は、元の音符の1.5倍の長さになります。 

付点のついた音符・休符

赤色がもとの音符の長さ / 青色付点の持つ長さ。赤色青色を足したものが付点音符の長さを表しています。

タイ

同じ高さの音符をタイと呼ばれる括弧で結ぶことで、2つの音符をつなげた長さになります。タイで結ばれた音符のうち2つ目の音符は弾かなくてよいことになります。 

画像:タイ

連符

基本的な音符では、2等分、4等分、8等分、16等分などできましたが、3等分や5・6・7・9等分などを表すことができないために連符を用いて表します。 

画像:様々な連符

ギター入門講座 目次