ギター教則

ドロップ2・ヴォイシング

ドロップ2とは4和音の基本形の上から2番目の音をオクターブ下へ配置したヴォイシングのことです。ドロップ2・ヴォイシングと呼ばれます。

 

※ヴォイシング(Voicing)とは和音を構成する音の配置のことです。

 

クローズ・ヴォイシング

ギターで基本形を弾こうとすると、押さえるのが困難なコードがでてきてしまいます。

 

※基本形・第1転回形・第2転回形・第3転回形のように4声が密集したヴォイシングのことを4ウェイ・クローズ・ヴォイシング(4WCL=4 Way Close Voising)と呼びます。1オクターブ内に密集した配置になっています。

 

ドロップ2・ヴォイシング

クローズ・ヴォイシングに比べ、ドロップ2・ヴォイシングはギターで弾く場合のヴォイシングとして適しています。

 

※ドロップ2・ヴォイシングのような音の間隔が広いヴォイシングをオープン・ヴォイシングと呼びます。

 


ドロップ2・ヴォイシングのダイアグラム

ドロップ2ヴォイシングを、各コードの種類・4本の弦の組み合わせごとに分類してまとめてみます。


※基本形のドロップ2、第1転回形のドロップ2、第2転回形のドロップ2、第3転回形のドロップ2の順にダイアグラムを並べました。

 

メジャー7th

6〜3弦

5〜2弦

4〜1弦

ドミナント7th

6〜3弦

5〜2弦

4〜1弦

マイナー7th

6〜3弦

5〜2弦

4〜1弦

マイナー7th♭5

6〜3弦

5〜2弦

4〜1弦

マイナー・メジャー7th

6〜3弦

5〜2弦

4〜1弦

ディミニッシュ7th

6〜4弦

5〜2弦

4〜1弦