ギター教則

ペンタニック・スケール

  1. ペンタトニック・スケールとは
  2. マイナーとメジャーのペンタトニック・スケール
  3. ペンタトニック・スケールとコードの関係

1. ペンタトニック・スケールとは

5音でできた音階をペンタトニック・スケールといいます。マイナー・ペンタトニック・スケール、メジャー・ペンタトニック・スケールがよく使われます。この他にも、民族音楽で使われるペンタトニック・スケールもあります。

Aマイナー・ペンタトニック・スケール

構成音:ルート 短3度 完全4度 完全5度 短7度

Aマイナー・ペンタトニック・スケールは、Aナチュラルマイナー・スケールの2度と6度を抜いたスケールと一致します。


Cメジャー・ペンタトニック・スケール

構成音: ルート 長2度 長3度 完全5度 長6度

Cメジャー・ペンタトニック・スケールは、Cメジャースケールの4度と7度を抜いたスケールと一致します。

2.マイナーとメジャーのペンタトニック・スケール

Aマイナー・ペンタトニック・スケールとCメジャー・ペンタトニック・スケールは同じ構成音でできているため、押さえる場所が全く同じになります。

Aマイナー・ペンタトニック・スケール

Cメジャー・ペンタトニック・スケール

※マイナーとメジャーのペンタトニック・スケールは同じ運指になりますが、ルートが変わるためスケールの響きは変わってきます。

3.ペンタトニック・スケールとコードの関係

ペンタトニック・スケールの構成音とコードの構成音を関連づけて覚えることで、よりスケールを理解することができます。また、アドリブでのスケールの使用にも役に立ちます。

  

マイナー・ペンタトニックスケールとマイナー・トライアドの関係

マイナー・ペンタトニック・スケール(構成音:R ♭3 4 5 ♭7)

マイナー・トライアド・コード(構成音:R ♭3 5)

 

スケールとコードを関連づけて覚えてみましょう。

※トライアドとは3和音であることを表しています。マイナーコード、メジャーコードというように省略されて呼ばれることが多いようです。

ルートポジションとE型のマイナーコード

6弦がルートから始まるポジションとE型のマイナーコードの関係を図にしたものです。マイナー・ペンタトニック・スケールの構成音にルート、♭3度、5度が含まれていてマイナーコードが形成できます。このようにコードとスケールの構成音が一致することがコードの響きにあったスケールの根拠になります。つまり、このコードが鳴っている上でスケールが使えるということになります。

♭3度ポジションとD型のマイナーコード

♭3度から始まるポジションとD型のマイナーコードが関連しています。コードと関連づけることで、ルート、♭3度などの構成音の場所が分かりやすくなると思います。

4度ポジションとC型のマイナーコード

 6弦を4度で始めるポジションとC型のマイナーコードが関連しています。

5度ポジションとA型のマイナーコード

 6弦を5度から始めるポジションとA型のマイナーコードが関連しています。

♭7度ポジションとG型のマイナーコード

 6弦を♭7度から始めるポジションとG型のマイナーコードが関連しています。G型のマイナーコードは紹介していませんでしたが、4本弦のみを使った省略されたコードを使うことがあります。

メジャー・ペンタトニックスケールとメジャートライアドの関係

メジャー・ペンタトニック・スケール(構成音:R 2 3 5 6)

メジャー・トライアド・コード(構成音:R 3 5)

 

ルートポジションとE型のメジャーコード

 

2度ポジションとD型のメジャーコード

 

3度ポジションとC型のメジャーコード

 

5度ポジションとA型のメジャーコード

 

6度ポジションとG型のメジャーコード