ギター教則

ギターのメンテナンス

普段できるギターのメンテナンスを紹介します。


※ギターの種類によってメンテナンスも変わります。ここでは、簡単にできるメンテナンスだけ紹介しています。


もっと詳しく知りたい人はメンテナンス関連の書籍などを参照してみてください。メンテナンス関連の本が1冊あれば大抵のことは自分でメンテナンスできるようになるはずです。



パーツ別メンテナンス一覧

<簡単なメンテナンス>

パーツ 方法 道具
ボディ 拭き掃除、磨き クロス、ポリッシュ
弦 
拭き掃除、錆び止め クロス、弦潤滑剤
弦交換

クロス、ニッパー

ストリングワインダー

ドライバー、(6角レンチ)

弦交換時(弦を張っていない状態で可能なメンテナンス)
ヘッド周り(ペグ) 拭き掃除、ペグの緩み確認 クロス、スパナ、ドライバー
指板 拭き掃除、指板潤滑剤

クロス、指板潤滑剤、(ポリッシュ)

ブリッジ(サドル) 拭き掃除、オクターブ調整

クロス、綿棒、ドライバー

自分でできるようになりたい基本的なメンテナンスです。ヘッド周り・指板・ブリッジなどは弦を張っていない状態の時(弦交換の時)にメンテナンスしましょう。

 

<その他>

パーツ 方法 道具
 ナット 掃除、潤滑剤 ナット潤滑剤
フレット 金属磨き マスキングテープ、金属磨き
ストラップピン 緩み確認 ドライバー
ピックアップ 乾拭き、ピックアップ交換 クロス、ハンダごて
コントロールノブ 緩み確認、交換 クロス、ドライバー、スパナ
ジャック 緩み確認、接点復活剤 スパナ、接点復活剤
ブリッジ

弦高調節、サビ取り

ドライバー、6角レンチ

錆び止め剤、金属磨き

スプリング(バネ) 弦高調節、ブリッジ調節 ドライバー

各パーツごとに自分でできる範囲のメンテナンスです。より専門的な知識が必要になるメンテナンスは専門家に任せた方が良いと思います。



ボディのメンテナンス

普段からできるボディのメンテナンスはクロスを使った拭き掃除です。ギターについた汚れを拭き取ってあげましょう。

 

<クロス>

ボディを拭いたり、弦を拭いたり、パーツを拭いたりと汚れを拭くための布です。ほこりやピックの削りカスが溜まっていたらクロスで拭きとりましょう。

 

<ポリッシュ>

ポリッシュをクロスに吹きかけて全体を拭いたあと、乾拭きするときれいになります。

 

普段使っているポリッシュです。

少し強い匂いがします。

シンプルなつくりと落ち着いた色合いが気に入っています。



弦のメンテナンス

クロスで全体を拭いた後、1本1本の弦をつまむようにしてよごれを拭き取ります。弦のサビや汚れはチューニングが狂う原因にもなります。サビがひどくなってきたら弦を交換しましょう。

 

<指板潤滑剤>

クロスに吹きかけて弦に塗ります(直接塗るタイプもあります)。指の滑りが良くなったり、サビ防止などの効果があります。


※指の滑りが良くなるのは好き嫌いがあるかもしれませし、必ず使わなければいけないものでもありません。また、使用する際は指板に直接吹きかけると指板(木)に悪影響がでることもあるようなので注意してください。

 

スプレータイプの弦潤滑剤です。

左の商品よりも滑りが良い(油が多い?)気がします。

弦に直接塗るタイプの原潤滑剤です。取り扱いが簡単です。

※保存するための缶で怪我しないように注意が必要です。



弦交換

<弦交換の手順>

(1.ブリッジとボディの間にクロスを挟む(ボディが傷つくのを防ぐため))

 

2.弦を緩める

 

3.弦をニッパーで切る切った弦を取り除く

 

(4.ヘッド周り・指板・ボディ・ブリッジの掃除/メンテナンス)

 

5.新しい弦を張る

 

6.チューニング

 

(7.弦高調整/オクターブ・チューニング→再びチューニングして完了)


普段の弦交換の手順です。1.4.7.の手順は場合によっては必要ないかもしれませんが、できれば実施したいメンテナンスになっています。

 

※ギターのタイプ(ストラト/レスポール/ロック式など)によって弦交換の仕方は変わります。

 

弦の種類を変えたら

弦の種類が変わると弦の張力が変わって弦高が変わることがあります。そのため、弦の種類を変えたときは弦高調整とオクターブ・チューニングもするようにしています。

 

弦高調整は演奏のしやすさや音に影響します。オクターブ・チューニングは12フレット以降の高フレットのピッチに関わるものです。どちらも演奏に影響するのできちんとメンテナンスしておきたいところです。



ギターのメンテナンスグッズについて

メンテナンスの仕方・メンテナンス用品の使い方が分かったら、商品レビューなどの情報を参考にしてメンテナンスグッズを集めてみてください。あると便利なグッズ・意外と効果のあるグッズなど、使ってみないと分からないこともあります。実際に使ってみて良し悪しは自分で判断しましょう。


メンテナンス用品について興味がでてくると、楽器屋さんで眺めるのが楽しくなります。