音楽理論

複音程

複音程とは1オクターブを超える音程のことです。また、1オクターブ以内の音程単音程といいます。


複音程

オクターブが8度なので、9度からが複音程になります。「1オクターブ+長2度」という数え方になります。10度なら「1オクターブ+3度」、11度なら「1オクターブ+4度」といった具合になります。


※テンションで使われる9・11・13といった数字は複音程の数え方になっています。


複音程の一覧(9度〜15度)

複音程の一覧