音楽理論

転回音程

原音程(元になる音程)の低い方の音を1オクターブ上へ、あるいは高い方の音を下へと音を移動することを転回といいます。この転回によってできる音程を転回音程といいます。

転回音程

音程を転回することで、度数と種類が変化します。長3度の音程を転回すると短6度になり、長音程が短音程に、3度が6度に変化しています。

原音程と転回音程の関係

度数

原音程 転回音程
1度 

8度
2度 7度
3度 6度
4度 5度
5度 4度
6度 3度
7度

2度

8度

1度

種類

原音程 転回音程
完全音程  完全音程
長音程

短音程

短音程

長音程

増音程

減音程

減音程

増音程


原音程と転回音程の関係は『原音程の度数+転回音程の度数=9』という公式が成り立ちます。これを覚えておくと、転回音程を素早く導き出すことができます。