音楽理論

メジャー・スケール(長音階)

メジャー・スケールは、全音+全音+半音+全音+全音+全音+半音(全全半全全全半)という間隔で並んでいます。どの音から始めてもこの並びであればメジャー・スケールになります。


<Cメジャー・スケール>

Cメジャースケール

譜面(五線)は変化記号のない音が並べられたCメジャー・スケールを基に考えられています。※このことからCメジャー・スケールが重要であることが分かります。


鍵盤とギター指板上のCメジャー・スケール

鍵盤とギターでのCメジャースケール

<鍵盤>

Cから白鍵のみを使って弾くことができます。

 

<ギター>

全音は2フレット、半音は1フレットの間隔で並んでいます。

 

※上に紹介したCメジャー・スケールは、同一弦で弾く場合の間隔になります。

実際にスケールを弾く場合は、弦の移動を含んだスケールを弾くことなります。また、同音異弦(同じ音が異なる弦にあること)などにより複雑な並びになっています。