音楽理論

移動度と固定度

相対的なドレミファソラシドを表すのが移動度です。それぞれのメジャー・キー(長調)能登ニック(主音)をドとして読む方法です。これに対して、絶対的な音の高さを表すのが固定度です。譜面に書いてある通りに読むことになります。※『移動ド、固定ド』と呼ぶこともあり、ソルフェージュとも深い関わりがあります。

移動度と固定度

固定度をアルファベット、移動度をドレミで表記しています。

ギターと移動度

ギターと移動度

ギターだと同じ運指のまま移動するだけで移調(キーの変更)ができます。これは移動度の考え方を利用したものであるといえます。